[金属屋根] 折版 嵌合タイプ

図面データ

さらに美しい折版屋根を目指して

「嵌合(かんごう)タイプ」は、鋼板端面が露出しない形状のキャップを、屋根上から嵌(は)めこむ方式で、屋根面にボルトが全く出ない美観上もスッキリした工法です。
馳タイプや重ねタイプと違って、1枚の折版は左右対称の断面となっているため、どの方向からでも折版を葺くことができ、施工計画の自由度が増します。
キャップ部分には専用の採光材「スカイライトF」をご用意しています。
  • 施工事例から探す
  • 製品分野から探す
  • イメージから探す
  • 複数の条件から探す