[金属屋根] 折版 各種断熱工法

吸音ダブルパック

図面データ

特徴

通常のダブルパックが持つ屋根としての優れた性能に、さらに吸音性能を加えました。
パンチング加工した下弦材は美観に優れ、そのままでも天井として使用できます。
室内環境によっては発生する上弦材裏面の結露水も、パンチング孔から滴下させずに外部に排出します。
残響音を低減したり、地震時での天井落下の危険性を排除したい体育館や、機械騒音を低減したい生産工場や製品倉庫に最適です。

仕様

見上げ図(イメージ)

丸馳折版Ⅱ型 吸音ダブルパック

折版F-80 吸音ダブルパック

屋根30分耐火構造指定

●FP030RF-1806(1)

 丸馳折版Ⅱ型/丸馳折版Ⅱ型仕様

  • 上弦材:各種めっき鋼板(厚:0.8,1.0mm)
  • 断熱材:グラスウール
    (密:10kg/m3以上、厚:100mm)
  • 下弦材:各種めっき鋼板(厚:0.8mm)
    (パンチング加工 特殊防水フィルム貼)

●FP030RF-1805(1)
 折版F-80/折版F-80仕様

  • 上弦材:各種めっき鋼板(厚:0.8,1.0mm)
  • 断熱材:グラスウール
    (密:10kg/m3以上、厚:100mm)
  • 下弦材:各種めっき鋼板(厚:0.8mm)
    (パンチング加工 特殊防水フィルム貼)

※金属板の鋼種、防湿材・断熱材の種類により耐火認定番号が異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

構成図

吸音性能試験

『吸音ダブルパック』特徴・効果

●POINT 1

室内の音圧レベルの低減や残響時間の短縮など音響面での室内環境の向上も期待できます。

●POINT 2

ダブルパックの下弦材にパンチング加工を施し、天井材を設けずに屋根面で吸音を可能にします。

●POINT 3

地震時の天井脱落の危険もなくなりますので、災害時の避難施設となる公共体育館などには、特に適した屋根材といえます。

●POINT 4

屋根を葺くことで吸音できるので、工期の短縮が可能となります。

●POINT 5

従来工法(屋根+吊り天井)に対して、コスト抑制ができます。

  • 施工事例から探す
  • 製品分野から探す
  • イメージから探す
  • 複数の条件から探す