[金属屋根] 折版 各種断熱工法

SRAS(エスラス)

図面データ

特徴

JR東日本/鉃道博物館(埼玉県)

SRAS(エスラス)(SANKO Roof Anti Sound)は、折版屋根の下にグラスウールボードを敷き込むことで、断熱・吸音性能を大幅に向上させた製品です。
グラスウールボードの敷き込みは折版と同時に行うことができるようになっていて、棚足場などが不要なため、短工期で大空間の屋根と内装(吸音・断熱)を構築できます。
化粧グラスウールボードを使用することで意匠にも配慮することが可能です。

仕様

標準断面図

※耐火認定が必要な場合、折板に基づく裏貼材を使用して下さい。(各折版の認定番号)

使用条件

●仕様

グラスウールボードは48~64kg/m3
厚さ25~50mmの表面仕上品とします。
厚さ50mm以上についてはご相談下さい。

●適応屋根

丸馳折版Ⅱ型
※この他の製品についてはご相談下さい。

●用途

工場、倉庫、体育館、事務所、店舗など。

施工事例

幕張メッセ国際展示場・南展示ホール(千葉県)

東京国際展示場(東京ビッグサイト)(東京都)

  • 施工事例から探す
  • 製品分野から探す
  • イメージから探す
  • 複数の条件から探す