[金属屋根] 縦葺 フラットタイプ

大和葺

図面データ

特徴

守口市民体育館(大阪府)

日本古来の伝統美を金属屋根で表現しました。
ダイナミックな平面と彫りの深い陰影を持つ勇壮さを表現する金属屋根です。
厚番手の使用により、張りのある重厚な屋根に仕上がります。
水密性に優れた通し吊子によるボルトレス工法です。

仕様

標準断面図

仕様

屋根30分耐火構造指定

●FP030RF-1592

  • 各種めっき鋼板(厚:0.8,1.0mm)
  • ポリエチレンフォーム裏貼り(厚:4mm)
  • バックアップ材:押出ポリスチレンフォーム
            (厚:50mm)
  • 断熱材:硬質ウレタンフォーム
        (厚:25~100mm)
  • 防湿材:アスファルトルーフィング940 他
  • 野地板:硬質木毛セメント板
        (厚:25mm以上)

●FP030RF-1643

  • 各種めっき鋼板(厚:0.8,1.0mm)
  • ポリエチレンフォーム裏貼り(厚:4mm)
  • バックアップ材:押出ポリスチレンフォーム
            (厚:50mm)
  • 断熱材:なし
  • 防湿材:アスファルトルーフィング940 他
  • 野地板:硬質木毛セメント板
        (厚:25mm以上)

※金属板の鋼種、裏貼り材の種類などにより耐火認定番号が異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

使用材料と板厚

アルミ亜鉛合金めっき鋼板
カラーアルミ亜鉛合金めっき鋼板
フッ素アルミ亜鉛合金めっき鋼板
0.8・1.0
アルミめっき鋼板
カラーアルミめっき鋼板
フッ素アルミめっき鋼板
0.8・1.0
NS耐酸被覆鋼板 0.8
カラーステンレス鋼板
※材種はお問い合わせ下さい。
0.8

[単位:mm]
※上記以外の材料についてはご相談下さい。

使用条件

●勾配

5/100以上

●働き巾

333mm

●母屋間隔

607mm以下

単位重量

(鋼板)
名称 板厚
mm
単位重量
kg/m kg/m2
溝板と吊子 0.8 5.19
15.57
1.0 6.45 19.35

※単位重量はアルミ亜鉛合金めっき鋼板(ガルバリウム鋼板)の値を採用しています。

施工事例

伊予三島斎場(愛媛県)

  • 施工事例から探す
  • 製品分野から探す
  • イメージから探す
  • 複数の条件から探す