日本トーカンパッケージ(株)相模原工場

採用製品

丸馳折版Ⅱ型

広い底巾により、重量感あふれるデザインを実現します。

ダブルパック

各種折版タイプの屋根材を二重葺にし、その下弦材と上弦材の間に断熱材(グラスウール)をサンドイッチした工法で、高い断熱性と、遮音性を要求される建物におすすめします。

折版 W-500

重ねタイプの中型折版です。折版の強度を保持しながら、働き巾を広げ、ボルトの締め数を少なくし、経済性と工期の短縮を図っています。

吊工法

吊り庇(ひさし)や荷捌き場上屋のスタンダードな工法です。

サイディングハイシャドー

差込フック式のボルトレス外壁。左右非対称断面の採用によりシャープで深い陰影が見る位置で変化します。 嵌合部分にエアーポケットを設ける形状と定型シールの併用でより高い水密性を実現。山高35mmの断面が高強度を可能にしました。

  • 施工事例から探す
  • 製品分野から探す
  • イメージから探す
  • 複数の条件から探す